スポンサーリンク

洗濯粉洗剤消臭ブルーダイヤで洗うと柔軟剤の香りがつかない?

洗濯用粉末洗剤消臭ブルーダイア

消臭ブルーダイヤは、「消臭」と言うだけあって柔軟剤の香りも消してしまうのでしょうか?

宅配ママ
今回、洗濯粉洗剤消臭ブルーダイヤで洗うと柔軟剤の香りがつかないのか?その辺りについてご紹介しましょう。
スポンサーリンク

消臭ブルーダイヤの特長

● ニオイも汚れも消臭洗浄

たんぱく汚れやシミといった、ニオイの元の汚れをしっかり除去!

宅配パパ
加齢臭を消臭してくれる成分も配合!

● 酸素系漂白剤配合

衣類に染み付いたニオイもしっかり分解してくれます。

宅配ママ
蛍光剤も無配合!色柄物にも安心して使用可能!

● まとめ洗い・冷水にも強い

宅配パパ
溶けやすいスプラッシュパウダーを採用しているので、冷たい水やまとめ洗いでも洗剤残りが少ないのが特徴です。

柔軟剤の香りがつかないって本当?

このように消臭ブルーダイヤは、ニオイを除去するのに特化した粉末洗剤と言う事が分かります。

宅配ママ
では本当に消臭ブルーダイヤで洗うと柔軟剤の香りまで除去し、香りがつかないのでしょうか?

柔軟剤の香りがつく仕組み

宅配ママ
そもそも柔軟剤は、どのようにして衣類に香りを付けているのかご存知ですか?

柔軟剤の主成分は、界面活性剤です。

界面活性剤の分子は、

● 水になじみやすい「親水基」

● 油になじみやすい「親油基」

の二つの部分を併せ持っています。

※画像の濃い青色が「親水基」、黄色の部分が「親油基」です。

洗濯された衣類は水にぬれ、「親水基」の部分が衣類の水分子に結合し、乾燥すると「親油基」の部分が外側に綺麗に並びます。

宅配パパ
つまり表面が油で膜を張ったようになるため、滑らかでふんわりとした仕上がりになるのです。

柔軟剤の成分が衣類の表面をコーティングすることにより、香りを付けているのです。

消臭ブルーダイヤがニオイを消す仕組み

宅配ママ
洗剤が汚れを落とす仕組みは、洗剤や汚れの性質にポイントがあります。

消臭ブルーダイヤの性質は、

宅配パパ
● 弱アルカリ性

皮脂・食べこぼしなど衣類につく多くの汚れの性質は

宅配パパ
● 酸性

このように洗剤にも、汚れにも特性があり、違う性質のものとかけ合わせて中和させることで、汚れを落とす仕組みになっています。

宅配ママ
つまり、酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤
アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤を使うと効果的!

それぞれの特性を見極めて「汚れを中和」させる事で、汚れは落としやすくなるという訳です。

宅配パパ
消臭ブルーダイヤは、ニオイの原因菌・たんぱく汚れ(酸性)を分解し、さらに酸素系漂白剤を配合する事により、染み付いたニオイやシミも除去してくれる粉末洗剤(弱アルカリ性)です。

つまり消臭ブルーダイヤは、

宅配パパ
衣類の汚れを分解しニオイを除去

柔軟剤は、

宅配ママ
衣類をコーティングして香りを付ける

と言う仕組みになっています。

宅配ママ
と言う事は、柔軟剤の成分を洗剤で分解させない・洗い流させないことが重要だと言う事がお分かりいただけますよね?

大切なのはタイミング!

このように柔軟剤を入れるタイミングを間違うと、洗剤によって洗い流されてしまいます。

宅配ママ
つまり大切なのは、柔軟剤を入れるタイミングと言う事です!

洗濯の洗いの段階で入れてしまうと

宅配ママ
柔軟剤の成分が失われてしまう

と言う恐れがあります。

柔軟剤を入れるベストタイミングは、最後のすすぎの段階です!

宅配パパ
すすぎが1回の場合は、そのタイミングで。
2回の場合は、2回目のタイミングで入れるのがポイントです。
宅配ママ
また洗濯機に柔軟剤専用の投入口がある場合は、最後のすすぎの段階で自動投入してくれますので是非活用しましょう!

柔軟剤の香りを付けるポイントは?

宅配ママ
では最後に、柔軟剤の香りをよりつけるポイントをいくつかご紹介しましょう。

1.洗濯物の量に注意!

宅配ママ
まず衣類を洗うときは、洗濯物の量に注意しましょう。

量が多すぎると、

● 繊維に満遍なく柔軟剤成分が行きわたらない

● 汚れが落ちない

と言った事が原因となり、香りがしっかり残りません。

宅配パパ
衣類の量は洗濯槽の7割程度に抑えて、洗濯物を入れるようにしましょう。

2.脱水時間は短くが基本!

宅配パパ
次に脱水時間です。

脱水をかけすぎると、水分がしっかり飛ぶ反面、柔軟剤の効果を落としてしまいます。

宅配ママ
● 衣類を痛める原因ともなる
● 香り成分まで飛ばしてしまう

と言うデメリットもありますので、脱水のし過ぎには注意しましょう。

宅配ママ
香りを残したいのであれば、3分位でストップするといいですよ。

3.直射日光に当てすぎないで!

宅配ママ
また干す時にもポイントがあります。

宅配パパ
直射日光に長時間当てすぎてしまうと、香りが飛びやすくなってしまいます。

香りをしっかり残したいのであれば、

宅配パパ
● 陰干し
● 部屋干し

など干す場所を変えたり、衣類が乾いた段階で早めに取り込むのもいいかもしれません。

4.洗濯槽は綺麗に!

宅配パパ
最後に洗濯槽の汚れに注目です。

洗濯槽の内部には、流しきれなかった汚れカスや、余分な洗剤カスが付着しています。

これらが衣類に付着する事で、嫌なニオイの原因となったり、柔軟剤の香りの邪魔となってしまいます。

宅配パパ
洗濯槽にすでに付着してしまったカビや菌は取り除くことができません!

その場合、まずは一度専門業者に依頼して、綺麗に掃除してもらいましょう。

宅配パパ
その後、再度菌がつかないようにこまめにクリーナーを使う事をおススメします。

まとめ

今回「洗濯粉洗剤消臭ブルーダイヤで洗うと柔軟剤の香りがつかない?」についてご紹介しましたが、消臭ブルーダイヤの影響で香りがつかないのではなく、柔軟剤を入れるタイミングや、洗い方・干し方によって香りがつかない事があるというのがお分かりいただけたと思います。

宅配パパ
消臭ブルーダイヤ自体は、ニオイを落とすのにとても最適な洗剤ですので、柔軟剤の香りを付けるのにも最適です。
宅配パパ
洗い方・干し方のポイントを抑えて、香りを楽しんでみて下さい。
 7 3 14

コメント