スポンサーリンク

クリーニングの染み抜きは頑固なシミは落とせる?

クリーニング知識について

白いシャツなどについた頑固なシミは洗濯しても取れません。その場合クリーニングにもっていくと取れると聞きますが、どういう風にシミをとるのでしょうか?また染み抜きの意味を簡単にご説明させていただきます。

スポンサーリンク

クリーニングの染み抜きは頑固なシミは落とせる?

7

シミの原因は、醤油・泥・カビ・ソース・口紅・ケチャプ・油・ジュース・ボールペン・汗・お酒など色々なことが原因でシミが付きます。このシミをとることを染み抜きと言いますが、洗濯で取れない頑固な汚れはクリーニングの染み抜きで取ることができます。

クリーニング店は、染み抜きをする前に、何によってついたのかを見極めないといけません。部類として、水溶性、油溶性、不溶性を調べることでしっかり落とすことができます。染み抜きの手順として、油性→水性→たんぱく質→色素→中和の順序で徐々に分解してシミを落としていきます。

宅配パパ
1つ1つ分解して落としていくために徐々に綺麗になり、最終的にはきれいに落ちますが、まれに頑固なシミなどは、染み抜きしてもうっすら残ってしまうこともあります。

8

宅配パパ
薄く残ってしまうものはそれ以上してしまうとこのような札が張られており、繊維を傷つけてしまう事があるためこれ以上はできないと書かれています。

染み抜きの値段は?

1

染み抜きは全体的にする作業ではなく、部分的に落としていく作業になるので、その範囲によっても金額が変わってきます。5cm×5cmあたり500円~1.000円などクリーニング店によって変わってくるので、衣類を出す前に必ずいくらぐらいかかるのか確認するといいでしょう。

宅配パパ
しみは時間がたっているほど黄色く染色してしまい取れにくくなります。大事な衣類は早めにクリーニングに出すようにしましょう。

宅配クリーニングはしみ抜き無料

14

104

まだ宅配クリーニングのことを知らない方が多いのですが、店舗型クリーニング店だとしみ抜きは有料で500円ほどしますが、宅配クリーニングの場合は、しみ抜きが無料となっています。また料金も安いですし、ボタン・ほつれ補修が無料だったりするので、安くクリーニングすることができます。

宅配パパ
ここ最近宅配クリーニングを利用する方が増えています。自宅から宅急便で送るだけでクリーニングすることができますので忙しい方などはオススメですよ。

まとめ

このようにクリーニング店にある染み抜きの意味についてご紹介していきましたが、染み抜きをしたからと言って、完璧に落ちないときもあるので、その部分は十分理解したうえでお願いしたほうがいいでしょう。

しかし、クリーニング店によっては専門でしている店舗もあるので、調べて電話問い合わせをしてからお願いするのもいいと思います。

 7 3 14

コメント