スポンサーリンク

スーツをクリーニングする時の出し方について

スーツ

初めてスーツをクリーニングに出すとき出し方がわかりません。袋に入れて出したほうがいいのか?そのままの状態でいいのか?お願いするときはどうすればいいのか?わかりせん。

そんな初めての方のためにスーツをクリーニングする時の出し方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スーツをクリーニングする時の出し方

始めにスーツは自宅などの洗濯機で洗うといけません。

スーツは水洗いをしたらいけない衣類になるため、洗ってしまうと型崩れを起こしてしまったり、スーツがちじんでしまうこともあります。なので、スーツを洗う際はクリーニングに必ず出しましょう。

クリーニング店に出す前に袋に入れよう

81589c1f74785b2bee5d46661295711e_s

スーツをクリーニング店に持っていくときは袋に入れていきましょう。袋に入れなくてもいいのですが、そのままだと持ちにくいので袋に入れたほうがいいです。

クリーニング店のスタッフに出すときはスーツのみ渡して袋は持ち帰ります。このときクリーニングに出すとき、スーツをどういう状態で洗ってほしいかで料金が変わってきます。

普通のクリーニング(ドライクリーニング)

ドライクリーニングは、水洗いができない衣類などに対して有機溶剤(ガソリン系や石油系の洗剤)を使って洗う方法になります。

ただこのドライクリーニングは、汚れは綺麗に落ちるんですが、汗や、油汚れ、アカ、においなどは落ちません。そのためにおいが残ったままの状態で返ってくることもあります。

汗抜き

この方法は、ウェットクリーニングといい、水につけてはいけない衣類を水につけて洗う方法になります。そのため技術がいりますし、料金も少し高めになります。

ただウェットクリーニングで洗うと汚れ、アカ、汗、においなどすべて綺麗にできるので、普段スーツで仕事をしている方などはこの方法でクリーニングに出したほうがいいでしょう。

染み抜き

スーツなどで頑固な汚れ、目立つ汚れがついた場合などは染み抜きがいいでしょう。染み抜きの場合は、その部分を集中的に落とすため、頑固な汚れでも綺麗に落ちます。

ただ汚れの範囲で料金が決まるため、クリーニング店に料金を聞いてからクリーニングに出しましょう。

まとめ

このようにスーツをクリーニングする時の出し方についてご説明しましたが、どの部分の汚れを落とすかでクリーニングの出し方が変わってきます。

なので、クリーニングに出すときは何も言わずにクリーニング店のスタッフに渡すのではなく、落としたい汚れのことを伝えてから出すようにしましょう。

  7   3   14

コメント