スポンサーリンク

ドライクリーニングの仕組みについて

ドライクリーニングについて

クリーニングに出すとき衣類に対して要望など出されていますか?今回ドライクリーニングの仕組みについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ドライクリーニングの仕組みについて

クリーニングに衣類を持っていくときに、汗抜きや染み抜きなどの要望がない場合は、基本ドライクリーニングで洗う仕組みになっています。

ドライクリーニングとは、水に洗えない衣類などの場合、有機溶剤(ガソリン系、石油系の洗剤)を使用して洗います。ただ水で洗える洋服などもこの方法で一緒に洗います。

水で洗えない衣類などは、水につけてしまうと衣類がちじんだり、型崩れを起こしてしまう可能性があります。そのため、この方法で洗うのです。

しかし、ドライクリーニングは汚れは綺麗に落とせるが、汗やにおいなどは落とすことができません。

衣類の状態で洗い方を変える

汗や臭いを落とす場合はウェットクリーニング(汗抜き)になり、シミをとりたい場合は染み抜きでクリーニング店にお願いしないといけません。

先ほども話したように何も言われない限りドライクリーニングで洗う仕組みになっているためです。

結婚式で着たときなどスーツがあまり汚れていない場合は、ドライクリーニングでいいかもしれませんが、汗を掻く時期などはウェットクリーニング(汗抜き)で洗ったほうがいいでしょう。

まとめ

このようにクリーニングに出すときはどういう風に洗ってほしいのか?どのような状況なのか?スタッフに相談することで洗い方が変わってきますので、必ず話すようにしましょう。

また何も言わなければドライクリーニングになってしまう仕組みなので、注意しましょう。

 7 3 14

コメント