スポンサーリンク

ドライクリーニングのデメリットと問題点

ドライクリーニングについて

衣類をクリーニングする際、ほとんどの衣類がドライクリーニングで洗われます。しかし、ドライクリーニングにはデメリットがあり、問題点もあります。

今回このことをご存知ない方のために出来るだけ詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ドライクリーニングのデメリットと問題点

そもそもドライクリーニングとは、石油系、ガソリン系の油を使って衣類を洗う方法になります。また水洗いできない衣類などはこの方法でないと洗うことができません。

このドライクリーニングは衣類に対してとても優しく洗うことができるため、衣類がちじんだりすることもありませんし、またティッシュペーパーもこの方法で洗うと普通に使えるほどやさしいと言われています。

ただドライクリーニングにはデメリットもあります。

ドライクリーニングのデメリット

ドライクリーニングはいいことばかりではありません。デメリットもあります。

汚れは綺麗に落とせるかもしれませんが、汗や臭いを取り除くことが苦手なため、多少は落ちるかもしれませんが残ってしまうことがあります。

そのため、においなどが残ってしまうことがあるので、クリーニング完了したあと手元に戻ってきてもにおいがあるのは、このためなのです。

また問題の1つとして、ドライクリーニングは石油系、ガソリン系の洗剤なので臭くなる場合もあります。

しかし、このにおいが嫌な方はほかの方法で洗えばにおいなどもしっかり落とすことができます。

ウェットクリーニングとは

dca73a09b5464c76ad0c6343277b2b38_s

ドライクリーニングとは違い、水を使用して洗う方法になります。しかし、水洗いできない衣類も洗うことができるほどやさしく洗うことができます。

またウェットクリーニングは、におい、汗も綺麗に落とすことができるため、汗を多く掻く時期などはこの方法で洗うほうがいいでしょう。

ただドライクリーニングに比べてウェットクリーニングは少し料金が高くなるので毎回ではなく、時々でいいでしょう。

まとめ

このようにドライクリーニングのデメリットと問題点についてご紹介してきましたが、普段クリーニングに出す際はドライクリーニングで十分だと思います。

夏場、においが気になるときはウェットクリーニングで洗うようにすれば、におい、汗をしっかり落とすことができますので、気になるときだけウェットでいいと思います。

  7   3   14

コメント