スポンサーリンク

洗濯洗剤ハイジアは赤ちゃんに悪影響はないの?

洗濯洗剤ハイジア(HYGIA)

赤ちゃんの衣類を洗う際、肌や体への影響って気になるところです。

宅配パパ
今回、液体洗剤ハイジアが赤ちゃんの衣類を洗うに適している商品かどうか詳しくご紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク

洗濯洗剤ハイジアの特長

宅配ママ
まずは公式サイトで紹介されている商品の特長を簡単にご紹介します。

● プレミアム抗菌

皮膚由来・湿った環境由来の嫌なニオイ菌に徹底対応し、抗菌力・防臭力に優れた液体洗剤です。

宅配ママ
様々な素材にも対応し、抗菌力がアップしました。

● 確かな洗浄力

宅配ママ
洗浄成分を増量し、ニオイ菌のエサとなる皮脂やたんぱく汚れをしっかり除去してくれます。

● 洗濯槽の菌・カビからも守ってくれる

多糖分解酵素を配合し、洗濯槽のニオイ・汚れの元となる菌やカビからも守ってくれます。

宅配ママ
香りは爽やかなミンティーハーブの香りですっきり。

赤ちゃんに悪影響がないか確かめるには?

宅配ママ
ではそもそも、赤ちゃんに悪影響がない洗剤かどうか確かめるポイントはどこなのでしょうか?

蛍光増白剤は使われているか

まずチェックすべきポイントは「蛍光増白剤」です。

● 蛍光増白剤とは

太陽光の紫外線を吸収すると、黄色い色素(衣類の黄ばみ)が青い色素に変換され、人の目に白く見えるようになる添加物の事

どういう事かと言うと

「黄ばみを白く見せるために、染め上げる染料の事」と言う事です。

宅配パパ
つまり蛍光増白剤は、衣類の汚れを落として白くなっている訳ではなく、青く染め上げているだけということになります。

動物実験や、パッチテスト等で発がん性の危険性や肌トラブルの実験が行われていますが、重大な影響を与えると言う結果はなかったようでした。

宅配パパ
しかし、使用量やテストした人によっては皮膚トラブルを起こしてしまった方もいたようです。
宅配ママ
重大な影響はないと言われていても、肌の敏感な赤ちゃんですと、その危険性は大きいと言えますよね。

では洗濯洗剤ハイジア(HYGIA)はどうでしょう?

公式サイトを確認してみると、蛍光族白剤の有無の項目に「無」と記載されていました。

宅配ママ
この点で赤ちゃんに悪影響を与えるリスクはないので安心です。

香料は使われているか

続いてチェックしてほしいのが香料が使われているかどうかです。

香料には2種類あり

● 植物や動物などから抽出された天然香料

● 人工的に精製された合成香料

香りを感じると言う事は、体内に取り込んでいると言う事です。

宅配パパ
安全性の認められていないものだと、特に人体への影響が心配されます。

また天然と聞くと人体に影響がなく、安全と言うイメージがあると思いますが、植物由来のラベンダーオイルには、アレルギー発症が認められたと言うデータもあります。

宅配ママ
天然・合成と言う言葉に惑わされず、どんな影響のある種類の成分が使用されているかを確かめる事が大切です。

では肝心の洗濯洗剤ハイジア(HYGIA)はどうでしょうか。

公式サイトを確認してみると

● 香料の欄に「香料」と記載

宅配ママ
つまり、どんな種類のものかは分かりませんでした。

ちなみに、直接洗剤の香りを確かめてみると、ミント系の爽やかな香りでした。

宅配パパ
しかし、使い方通り、すすぎ1回で洗いあがりの衣類をかいでみると、ほとんどその香りを感じることはありません
宅配ママ
もし気になる場合は、すすぎを2回行ったり、衣類を詰め込みすぎないよう気を付けたり、衣類に洗剤が残らないよう意識した使い方を行うことが大切です。

気になる界面活性剤は…?

宅配ママ
よく赤ちゃんの肌だけでなく、人体に影響を及ぼすことがあるといわれている界面活性剤ですが、洗濯洗剤ハイジア(HYGIA)はどうでしょう。

宅配パパ
そもそも界面活性剤は、汚れを浮かび上がらせ、洗い流すためには必ず必要なものです。

天然系・植物由来と言った一見安全なものに見えるものも、界面活性剤として洗剤に配合される場合、「天然に存在するものを原料に、科学的に合成したもの」をその様に呼んでいるだけです。

宅配パパ
つまり、ここでも天然だから・植物由来だから安心と言う事ではなく、どんな種類の物質(界面活性剤)が配合されているかを見極める事が大切です。

洗濯洗剤ハイジア(HYGIA)には、これらの界面活性剤が使用されています。

● ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル
● アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
● 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸
● ポリオキシエチレンアルキルエーテル
● 脂肪酸塩

中には、肌トラブルの可能性や、環境に悪影響を及ぼすと言われている

● 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸

も使用されています。

宅配パパ
実際、「通常想定される使用条件下において、影響を及ぼすリスクは極めて低い」と評価されてはいますが、毒性がゼロではない成分でもあるのは確かです。

つまり大量に経口摂取したり、原液を直接触った手で、赤ちゃんの肌や目を触らない限り重大な影響は出ないと言われていますが、これには個人差があるので、肌刺激に弱い赤ちゃんや敏感肌の方には、肌に影響が出ないとは言えないのです。

宅配ママ
使用上の注意をしっかり守ることが、赤ちゃんの肌を守る事につながるのです。

洗濯洗剤ハイジア(HYGIA)は赤ちゃんに悪影響はないの?

宅配ママ
ではこれらの事を踏まえ、最後に洗濯洗剤ハイジア(HYGIA)は赤ちゃんに悪影響はないのかまとめてみましょう。

洗濯洗剤ハイジア(HYGIA)の特長まとめ

● 蛍光増白剤の使用は無し
● 香りを残さない洗い方をする

宅配パパ
という点を見ると、赤ちゃんに重大な悪影響を及ぼすことはなく使用できると思います。

界面活性剤に使用されている成分については、用法用量をしっかり守っていれば危険性はありませんが、それには個人差があり、肌に悪影響が出る可能性ないとは言えません

宅配ママ
特に赤ちゃんは、まだまだ未発達なことが多いので、どんな影響があるか分からず不安ですよね。
宅配パパ
トラブルを未然に防ぎたいのであれば、できれば使用しないほうが賢明かもしれません。

まとめ

今回「洗濯洗剤ハイジア(HYGIA)は赤ちゃんに悪影響はないの?」についてご紹介しましたが、用法用量をしっかり守れば基本的に影響がある恐れはないと言う事が分かりました。

宅配パパ
しかし、成長が未発達な赤ちゃんや、敏感肌の方など、人によっては肌トラブルを起こすと言った悪影響の可能性のある成分は使用されています。
宅配パパ
赤ちゃんにはできれば避けたほうがいいかもしれませんね。
 7 3 14

コメント