スポンサーリンク

ドライクリーニングは汗抜きができないのは本当?

ドライクリーニングについて

普段クリーニングに出すとき皆さんはどのように出していますか?実は知らない方が多いと思いますが、普通のクリーニングでは汗は落ちていないことを知っていましたか?

私自身も調べているうちにびっくりしました。このことについて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ドライクリーニングは汗抜きができない?

衣類の中には水で洗うと型崩れしたり、服が縮んだりする衣類があります。そのような場合は「有機溶剤」ガソリン系や石油系の溶剤を使って洗う方法をドライクリーニングといいます。

しかし、このドライクリーニングは汗抜きができません。頑固な汚れは落ちますが、においや油汚れ、アカなどとることができないのです。

頑固な汚れ、臭い、油汚れ、アカをとるためにはどうすればいいのでしょうか?実は、すべてを取り除く方法としてウェットクリーニングという方法があります。

ウェットクリーニング

この方法は、水につけてはいけない衣類をわざと水につけてやさしく洗い、におい、油汚れ、アカを分解していく汚れを落とすため汗抜きがしっかりできます。

そのため、技術がいるためドライクリーニングに比べたら金額も少しだけ高くなります。

私自身、クリーニング店に問い合わせたところ、最近はウェットクリーニングを知る方が増えてきたため、利用している方が多いと言われていました。

宅配クリーニングがお得

14

104

ここ最近宅配クリーニングを利用している方が増えてきています。その理由として、料金が安く、送料無料、しみ抜き無料などの無料サービスがあります。

そのため、クリーニングするために店舗に行かなくても宅急便で送ることでクリーニングすることができるため、時間がない方はとても楽です。

ただ初めて利用する方は心配もあるでしょうが、私自身も何回も利用していますがトラブルはありませんでした。ただせんたく便はトラブルが多いと口コミでも書かれていますので注意してください。

また宅配クリーニングはその衣類に合わせて洗うので、ドライクリーニングやウェットクリーニングを使い分けをしていますので汗抜きも進化利できます。

念のために利用する場合は、写真を撮るようにしましょう。何かあった場合証拠として残すことができます。

まとめ

このように普段皆さんが使うクリーニングはドライクリーニングという方法になるため、においはもちろん汗や油汚れは落ちません。

これから、スーツや、喪服、そういった水で洗えないような服は汗抜きもかねて、ウェットクリーニングで洗うほうがいいでしょう。

またウェットクリーニングのことをもっと知りたい方は直接出す前にクリーニング店に詳しく聞くのもいいと思います。いろいろ詳しく教えてくれると思います。

 7 3 14

コメント