スポンサーリンク

カビ対策!カビが発生しやすい湿度と温度

洗濯物について

春、秋、冬には出てこないカビ、梅雨になるとなぜカビが生えてくるのでしょうか?今回このカビ対策やカビが発生する理由についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カビ対策!カビが発生しやすい湿度と温度

カビが発生しやすい温度は25~30°と言われており、湿度に関しては80%と言われます。ただ梅雨時期は雨がたくさん降るため、床からどうしても湿気は出てくるのです。

カビを防ぐ対策方法

1、窓についた水滴、水分はタオルで拭き取るようにしてください。水滴がそのままの状態になると汚れも付着することでカビの原因になります。

2、晴れた日は部屋の窓を開けて換気をしてください。梅雨に時期はなかなか窓をあけることができないため、晴れた日だけでもしっかり開けてください

3、ほこり、ふけ、食べかすからカビは発生します。そのためこまめに掃除機を掛け、カビが発生する原因をなるべくなくすようにしてください。取り除くだけでも違います。

お風呂場

0bd3e1a5a9da41a2699c624edf8cdf82_s

お風呂場は水分が多くあるので、カビが1番発生しやすいです。

カビ対策としてお風呂上りに水滴を拭き取るといいのですが、毎回するのは困難なので、上がる前に泡や汚れがたくさん落ちているので、その汚れを冷水で綺麗に流すだけでもカビの生え方が違います。

冷水をかける場合は全体的にかけるようにしてください。その後窓を開けるなどの換気をしてください。

台所

カビが生えやすい台所は洗剤の残りかすなどで壁、コーキングしているところなどにカビが生えます。

そのため、皿など綺麗に洗った後は周りをタオルで綺麗に拭き取ってください。時間があるときなどはカビ取りジェルを使い綺麗に拭き取るのもいいでしょう。

また消毒アルコールも効果的なので1度使ってみてください。

押し入れ

38f636e02c9d4e9387d9c9bf54926d3f_s

カビが発生しやすい押し入れは対策として、押し入れのふすまは両方開けるようにして下さい。両方開けることで空気が出やすくなります。

さらにすのこを引き、床と布団が開いている状態にしてください。こうすることで空気の流れができます。

直接床につけている場合は、布団に水分湿気が付き、いつの間にかに布団にカビが生えていることが多いので注意しましょう。

押し入れには除菌剤を入れるとさらに効果的です。

まとめ

このようにカビ対策!カビが発生しやすい湿度と温度についてご紹介してきましたが、たくさんの注意点などがあります。

また予防するのはとても大変なので、時間がない方はカビが生えない環境づくりとして常に除湿気を付けるという方法でも抑えることができます。

 7 3 14

コメント