スポンサーリンク

花粉症時期に避けたほうがいい衣類素材

花粉対策

経験ある方はわかりますが、花粉症の時期はとてもつらいです。外に出たくなくなりますし、ティッシュペーパーは離すことができません。

今回、花粉症の時期は衣類でも花粉が付きやすい衣類と、付きにくい衣類があるので、このことについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

花粉症時期に避けたほうがいい衣類素材

花粉症といえば、秋から冬、春にむけてつらくなりますが、その時期に避けたほうがいい衣類があります。

それはマフラーやニット、ウール素材のコートなどです。この衣類は寒い時期には必要不可欠ですが、衣類同士が擦れることで静電気が発生しやすくなります。

この静電気のおかげで、花粉や汚れ、ほこりが付きやすく家に持って帰りやすいのです。

612ccaeb6b1f0d25324f9a290f31d054_s

花粉が多い時期は、少しでも花粉が付くのを避けるために、写真のような革製品、ナイロン素材、ポリエステルなど静電気が起きにくい素材を使用したほうがいいのです。

ここ最近は花粉症対策として衣類にも花粉が付きにくい衣類などが出ていますので、そのような服も買うといいのかもしれません。

宅配クリーニングの花粉ガード加工

花粉を衣類にできるだけつけたくない方は宅配クリーニング店がしている花粉ガード加工を使用するのもいいと思います。

これは衣類に花粉が付きにくくする加工をするため、クリーニングしてから2か月ほどはその効果があると言われています。

自宅にできるだけ花粉を入れたくない方はそういった細かい工夫をすることで押さえたほうがいいかもしれません。

まとめ

このように花粉症時期に避けたほうがいい衣類素材についてご紹介してきましたが、衣類のほかにもいろいろと花粉を防止することはできます。

またオススメなのがクリーニング業者がしている花粉ガード加工は最近ではとてもはやっているので、気になる方は1度試してみるのもいいもかもしれません。

 7 3 14

コメント