スポンサーリンク

クリーニング即日仕上げのメリットとデメリット

クリーニング知識について

即日クリーニングと言えば朝クリーニングを依頼して、その日の夕方、もしくは次の日にクリーニングに仕上がる形になります。

しかし、即日仕上げにはメリットもあれば、デメリットもあります。今回このことについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クリーニング即日仕上げのメリットとデメリット

急ぎの方は即日クリーニングに依頼したほうが、次の日もしくは2日後には仕上がるのでとてもいいのですが、実は2つのデメリットがあります。

シミが取れない

クリーニングに出す場合、しみ抜きというオプションがありますが、これは衣類についたなかなか取れにくいシミを落とす方法になります。

しかし、即日の場合、時間に余裕がないため染み抜きはできません。また染み抜きは時間がかかるため日数に余裕がある場合などに出すといいでしょう。

また染み抜きはどのような成分がついているのか、詳しく調べないとシミを綺麗に落とすことはできません。

しかし、クリーニング店も染み抜きを依頼されたからには中途半端にはできませんし、できる限りシミを落とすまではお客様に返すこともできません。中途半端な状態では、お客様自信も納得いかないでしょう。

そうならないためにも染み抜きをしたい方は即日仕上げはしないほうがいいでしょう。

衣類の生地に負担がかかる

acf063ae0f3b3b4a3d6e9b148573ba44_s

実は即日仕上げの場合、衣類を洗い終えた後、時間がないため乾燥機に入れて乾かす必要があります。

そのため、急激に高温で乾かすため生地にかなりの負担があり、ダメージを与えてしまいます。

さらに多少ちじむこともありますので、できれば時間をかけてクリーニングするほうがいいでしょう。衣類の生地のことを考えた時、乾燥機よりも自然乾燥が1番いいのです。

ワイシャツなどの場合は、即日仕上げでもいいかもしれませんが、気に入っている衣類に関してはオススメしません。

もしそれで徐々に生地がボロボロになってしまってはクリーニングに出す意味がなくなります。

まとめ

今回クリーニング即日仕上げのデメリットについてご紹介してきましたが、即日仕上げクリーニングはメリットもあればデメリットもありますので、理解した上でクリーニングに出すといいでしょう。

しかし、ワイシャツ以外はあまりオススメしませんので、普段着る衣類はやめたほうがいいと思います。

  7   3   14

コメント