スポンサーリンク

洗濯洗剤スーパーナノックスに混ぜると危険なものはある?

洗濯洗剤トップスーパーナノックス(NANOX)

洗剤などでまれに「混ぜるな危険」と記入されたものがありますが、どのようなものを混ぜたらいけないのでしょうか?

今回洗濯洗剤スーパーナノックス(NANOX)に混ぜると危険なものはあるのか?このことについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

洗濯洗剤スーパーナノックス(NANOX)の特長

● スーパーナノ洗浄

汚れを浮かび上がらせ、ナノレベルまでに一気に分解

宅配パパ
繊維1本1本の汚れを落とします。

● 最高難度の汚れに効果を発揮

塗布放置洗浄(原液を直截塗り12時間放置)で、落としづらい汚れに強い効果を発揮します。

宅配ママ
えりそでの黒ずみや、黄ばみ・食べこぼしなど、家庭で落としづらいと感じる最高ランクの汚れもと貸し出します。

● 汚れの再付着防止

節水洗濯・まとめ洗い・詰め込み洗いにも対応。

宅配ママ
洗濯中に落とした汚れが、ほかの衣類への再付着を防ぎ、高い皮脂洗浄力を発揮します。

● すすぎ1回OK

泡切れがいいのですすぎ1回の洗濯にも適しています。

宅配ママ
さわやかなクリスタルソープの香り

混ぜると危険なものって?

宅配ママ
そんな洗濯洗剤スーパーナノックス(NANOX)ですが、混ぜると危険なものはあるのでしょうか?

洗剤の種類

そもそも「混ぜる」と言うからには、洗剤に種類があると言う事になりますが、まずはその種類についてご紹介しましょう。

● 洗剤の種類

酸性・弱酸性・中性・弱アルカリ性・アルカリ性の5つ

宅配ママ
酸性やアルカリ性になるほど洗浄力は強くなりますが、肌への影響も大きくなります。

● 漂白剤の種類

酸化型(塩素系漂白剤・酸素系漂白剤)

還元型漂白剤

宅配ママ
酸化型は「酸素を結合」させる事で白くし、還元型は「酸素を奪う」事で白くする化学反応。

混ぜると危険なものは?

宅配ママ
ではこれらの洗剤・漂白剤は、どれとどれを混ぜると危険なのでしょうか?

混ぜると危険な洗剤と漂白剤は、

「酸性」「塩素系漂白剤」です!

宅配パパ
これらを混ぜ合わせると塩素ガスが発生し、大変危険ですので注意が必要です。

洗濯洗剤スーパーナノックス(NANOX)は何性?

宅配ママ
では問題の洗濯洗剤スーパーナノックス(NANOX)は何性の洗剤になるのでしょうか?

洗濯洗剤スーパーナノックス(NANOX)の本体の裏を見てみると

● 液性…中性

と記載されています。

宅配パパ
液体の洗濯洗剤は、弱アルカリ性か中性がほとんどです。

中性洗剤の特長

そもそも洗剤は、液性と反対の性質の汚れに強いと言われています。

宅配ママ
例えば、弱アルカリ性の粉洗剤は、皮脂汚れと言った酸性の汚れに適しています。

中性洗剤は、洗剤の種類の中でも中間の性質のある洗剤ですので、どちらの性質の汚れにも対応しています。

宅配ママ
しかし、洗浄力が弱いのがデメリットです。

その反面

● 溶けやすい
● 服へのダメージが小さい
● 軽い汚れに向いている

と言った特徴があります。

洗濯洗剤スーパーナノックス(NANOX)と混ぜると危険な洗剤は?!

では問題の洗濯洗剤スーパーナノックス(NANOX)に混ぜると危険なものはあるのでしょうか?

宅配ママ
何かガスが発生したり、人体に影響を及ぼすことはありませんが、洗浄効果が落ちると言った可能性が考えられます。

つまり、中性である液体洗剤ナノックス(NANOX)と、混ぜると危険なものは特にないと言う事が言えるでしょう。

まとめ

このように「洗濯洗剤ナノックス(NANOX)に混ぜると危険なものはある?」についてご紹介してきましたが、心配な方は今現在、どんな液性の洗剤を使用しているのか確認しておきましょう。

何があるかわかりませんので、念のために確認することも大事です。ただ洗濯洗剤スーパーナノックス(NANOX)とワイドハイターは使用しても大丈夫なので、安心してください。

  7   3   14

コメント