スポンサーリンク

宅配クリーニングのトラブル予防と注意点を確認しよう

宅配クリーニング知識について

宅配クリーニングは自宅に居ながら宅急便でクリーニングしたい衣類を送りクリーニング終了後、再度自宅に届くシステムのことを言います。

最近テレビでも取り上げられる程話題になっていますが、使用する前にトラブル予防と注意点を覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク

宅配クリーニングのトラブル予防と注意点を確認しよう

宅配クリーニングは仕事が忙しい方や年配の方、妊婦さんなどから利用することが多くとても便利なんですが、しかし、直接スタッフに渡すわけではないので、トラブルになることも多くあります。

そのため、利用するならトラブルを避けるためにも前もってトラブルがおきないためにも予防しておくことが大事です。

クリーニングする衣類の枚数を確認する

最初に大事なのが、クリーニングする衣類の枚数を把握していることが大事です。

あとあと枚数が少ないというトラブルが起こる可能性もあるので、スマホのカメラで写真を撮っておくといいでしょう。

書類に要望を書く

クリーニング衣類の状況を把握することが大事です。衣類にシミやほつれ、ボタンが取れていないかなど確認しとくといいです。

[table id=15 /]

またリナビスの場合サービスが多いので、ボタンをつけてほしい時や、シミをとってほしい時はサービスでしてくれますので、要望をしっかり書きましょう。

35

こちらはリナビスを利用したときに付属していた書類になりますが、下のほうに「クリーニングに関する要望」という欄があるので「してほしいこと」や、「シミの場所」などを書いていると宅配クリーニング店もわかりやすいです。

ポケットの中身を確認する

クリーニングする衣類のポケットをしっかり確認しましょう。後でなくなったりすると大変なので何もない状態にしてから送りましょう。

取り扱いできない衣類の確認

12

上の画像のように宅配クリーニングには取り扱いできない衣類がたくさんあります。

間違えて出すと返却されたりし無駄に料金がかかる場合もありますので、取り扱いできない衣類を確認してから送りましょう。

壊れやすい飾りや外れやすい飾りは外しておく

衣類の中には壊れやすい飾りや外れやすい飾りがついている場合があります。

その場合クリーニングした時になくなったなど多くのトラブルがあるので、送る前に外してから送ることが大事です。

クリーニングから戻ってきたらすぐに確認する

クリーニング後、自宅に宅急便で箱に入れられていたり、ビニールに入って送られてきます。

届いたらすぐに衣類を確認して「枚数が少ないくない」か、「シミがないか」など注意しながら確認してください。また要望していたことがあればこの部分も確認してください。

確認して何かトラブルがあればすぐに宅配クリーニング店にご連絡をしてください。

早めに連絡することで対処してくれると思いますが、1週間後など時間が経ってしまうと対応してくれないときがありますので、到着後確認するようにしてください。

まとめ

このように「宅配クリーニングのトラブル予防と注意点を確認しよう」についてご紹介してきましたが、このことに注意して送るとトラブルを避けることが多少なりでも防ぐことができますので、トラブルを起こしたくないのであれば確認して送るようにしましょう。

  7   3   14

コメント