スポンサーリンク

赤ちゃん用洗濯洗剤さらさは大人の衣類にも使えるの?

洗濯洗剤さらさ

赤ちゃん用として販売されている洗濯洗剤さらさですが、大人の衣類にも使える商品なのでしょうか?

宅配パパ
今回は、そのあたりにスポットを当ててご紹介しましょう。
スポンサーリンク

赤ちゃん用洗剤の特長

最近では、赤ちゃん用洗剤として様々な種類の洗剤が販売されていますが、それらにはどんな特徴があるのでしょうか?

宅配ママ
まずは赤ちゃん用洗剤の特長についてご紹介します。

肌への影響を最小限に

宅配ママ
赤ちゃんの肌は発達段階のため、薄く非常に敏感です。

その為、刺激の強い成分を使用した商品によっては、トラブルを起こしてしまう可能性があります。

それらの事を考慮し、赤ちゃん用洗剤には

宅配パパ
● 肌へのダメージが少ない
● 余分な添加物が配合されていない

といった点に配慮されています。

また商品によっては

宅配ママ
● 皮膚テストを実施している
● 竹炭など界面活性剤を使わない製品

など、様々な特徴があります。

また一般的な洗剤は、様々な添加物が配合されることにより

● 洗浄力を上げる
● 除菌・消臭効果
● 衣類を柔らかく仕上げる
● 香りを楽しむ

と言った付加価値を付ける事で、いかに綺麗に・心地よく洗濯ができるかと言う事を重要視しています。

宅配パパ
しかし、一般的に赤ちゃん用として販売されている商品の多くは、こうした添加物をできるだけ少なくし、肌への影響を少なくしているものが多くなっています。

その分、赤ちゃん用の衣類に安心して使えるように

● 酵素の力
● 作用が穏やかなクエン酸の力
● 少量なら口にしても安全な重曹の力

宅配パパ
などで洗浄力を上げるなどの努力がされているのです。

界面活性剤の種類

また洗剤と言うとよく問題視されるのが「界面活性剤」についてです。

界面活性剤とは・・・

宅配ママ
水と油のように本来混ざり合わないものの間にある境界の性質に働きかけ、その性質を変える物質の事
宅配パパ
つまり、衣類の汚れを除去するために必要不可欠な物質です。

そんな界面活性剤は、家庭用品品質表示法で

● 「石けん」

● 「石けんでないもの(合成界面活性剤)」

の二つに分類しています。

1.石けん

宅配ママ
牛脂・ヤシ油・オリーブ油・馬油などを原料とし、それらをアルカリで煮て化学反応を起こして生成します。

固形・液体・粉末など様々な形で販売されています。

● 性質は「弱アルカリ性」
● 洗浄力が非常に高い
● 肌や環境にやさしい

と言った赤ちゃん用には嬉しい特徴があります。

宅配ママ
石けんは非常に古い歴史があり、その中で人体や環境への影響が少ないと言う事が確立されてきたため、現在まで使われてきました。
宅配ママ
そのため、赤ちゃん用洗剤として販売されている商品の多くが、石けんの洗濯洗剤なのです。

反面、

● 冷水に溶けにくい
● ミネラル分の多い水に弱い
● 一定の濃度を下回ると汚れを落とせなくなる

宅配ママ
など、使い方が難しいのがデメリットで、これらが原因で石けんカスが出てしまい、カビやニオイの原因となってしまいます。

2.石けんでないもの合成洗剤(合成界面活性剤)

宅配ママ
そしてもう一つが石けんでないもの、つまり合成洗剤です。
宅配パパ
石油や植物油などを原料とし、化学合成されたものが合成洗剤となります。

● 合成洗剤の主成分・・・合成界面活性剤プラス様々な添加物

宅配パパ
しかし合成界面活性剤の歴史は浅く、残留性・浸透性・有毒性と言った、環境や肌への影響が懸念されている種類のものがあるのも実情です。

その為、赤ちゃん用として使用するのを控えているという方も多くいます。

宅配パパ
しかし、現在販売されている赤ちゃん用の合成洗剤の合成界面活性剤は、動物実験やパッチテストなど様々な検証を行ったうえで販売されています。
宅配パパ
その為、基本的に人体や環境に重大な影響を及ぼす可能性は低いとされているともいわれています

それらの影響は個人差がありますので、普段通り使っても異常のない方もいれば、トラブルを起こしてしまう方もいます。

特に肌の敏感な赤ちゃんには、使い始めだけでなく、

宅配パパ
● 用法用量をしっかり守る
● すすぎを念入りに行う

など対策をし使用することをオススメします。

大人の衣類の汚れの特長

ではそもそも大人の衣類につく汚れには、どんな特徴があるのでしょうか?

大人の衣類の汚れの種類

宅配ママ
衣類につく汚れは、大きく4つに分類することができます。

1.油性汚れ

油性汚れは、動物の油脂や植物油・鉱物性の油分などが主な成分です。

● 人から分泌される皮脂
● 排気ガス
● 食べこぼし

などが原因でついてしまいます。

宅配パパ
ドライクリーニングではよく落ちますが、水には溶けにくいのが特徴です。

2.水溶性汚れ

水溶性汚れは、水に溶けやすい汚れの事を指します。

● 果汁
● 汗汚れ
● 砂糖・食塩

などが原因でついてしまう汚れになります。

宅配ママ
● 蓄積すると繊維が固くなる
● 虫食いやカビ・黒ずみ
● 乾燥・過熱により落としにくいシミ

と言った問題が出てくるので、正しい落とし方で素早く汚れを落とす事が重要です。

3.不溶性汚れ

不溶性汚れは、

● 砂
● ホコリ
● スス
● 鉄粉
● 墨汁

など、固形物が繊維に付着する事ででる汚れです。

宅配ママ
これらの汚れは、水にも油にも溶けません。

その上、繊維の奥に粒子となって入り込んでしまい、簡単に落とすことができず、落ちにくいシミにになってしまうのです。

宅配パパ
押し出す・押し流す・吹き飛ばすと言った物理的な方法でしか落とせません。

4.特殊汚れ

主に食べ物のデンプン・血液のたんぱく質が原因の汚れです。

宅配パパ
これらは、自宅の洗濯だけで落とすのは難しく、専門的な技術が必要となってきます。

大人の汚れに向いている洗剤は?!

基本的に、汚れはそれ単体でついているのではなく、先述したいくつかの汚れの種類がいくつも複合してついています。

宅配パパ
その為、水洗いだけで落とす事は難しく、洗剤や専門業者の手が必要となるのです。

宅配ママ
では、そんな大人の汚れを落とすためには、どんな洗剤が向いているのでしょうか?

洗浄力

宅配パパ
大人の衣類に付く汚れを落とすために、何と言っても重要なのが洗浄力です。

基本的に

● 主に液体洗剤の液性である「中性」の洗剤の洗浄力は弱い

● 粉末洗剤の様な「弱アルカリ性」の洗剤は洗浄力が高い

とされています。

宅配パパ
しかし液体洗剤の様な中性洗剤も、酵素や重曹・漂白剤など、添加物のパワーを借りて洗浄力を高めています。

また、様々な種類の汚れがあると言う事は、様々な落とし方が必要になると言う事でもあります。

宅配ママ
それらの汚れを落とすために必要不可欠なのが「界面活性剤」の力です。
宅配ママ
洗浄力が弱いとされている中性洗剤も、界面活性剤の割合を高くし、洗浄力を上げています。

また、

● 直接塗る
● つけおきする

宅配パパ
などの洗濯方法を併用することにより、複合してついてしまった落ちにくい汚れもしっかり落とせるように開発されているのです。

添加物で洗浄力・着心地アップ!

宅配ママ
また、汚れが複合してついていると言う事は、落ちにくいため、それがシミや黒ずみ・ニオイの原因となってしまいます。

その為、大人の汚れを落とすには、様々な効果が期待できる添加物が必要になってきます。

例えば、

● 衣類を白く洗い上げる蛍光増白剤が配合されたもの

● カビ・ニオイ菌対策に漂白剤が配合されたもの

● 汚れが再付着しないような防止剤が配合されたもの

● ニオイ吸着効果のある成分が配合されたもの

● 柔らかな着心地のために柔軟成分が配合されたもの

などなど、各社それぞれの強みを出した商品が数多くあります。

宅配ママ
大人の衣類の汚れを落とすには、こうした付加価値があることで、洗浄力を上げたり、着心地をよくしているのです。

さらさは大人の衣類の汚れにも使える?

宅配ママ
では洗濯洗剤さらさは、そんな大人の衣類の汚れにも使えるのでしょうか?

さらさの特長から、しっかり対応した商品かどうか検証してみましょう!

さらさの特長

● 洗濯洗剤さらさの液性は「中性」

宅配パパ
粉末洗剤や石けんのような洗浄力の高さはありません
宅配パパ
反面、肌や繊維へのダメージが少ないのが特徴です。

● 酵素・クエン酸配合で洗浄力アップ

宅配ママ
洗浄効果を高める水軟化剤としてクエン酸を配合しています。
宅配ママ
酵素の力がシミやでんぷん汚れにも対応しています。

●蛍光増白剤・漂白剤・着色料が無添加

宅配パパ
白さを出す・消臭効果を出すといった蛍光増白剤・漂白剤が配合されていません

大人の衣類の汚れにも対応してる?!

宅配パパ
ではこれらの特長から、大人の衣類の汚れにも対応した商品なのか検証してみましょう。

一番気になる洗浄力はどうでしょう?

宅配ママ
やはり液性が中性の分、洗浄力は落ちますが、酵素の力で落としにくい汚れにも対応してくれます。

またクエン酸が配合されているので、

● 汚れ落としに邪魔な成分を取り除いてくれる

宅配ママ
つまり、洗浄効果アップに一役買ってくれているのです。

これらの事から、大人の衣類の汚れのように落としにくい物でも、早い段階で正しく洗濯できれば対応できるように工夫されています。

しかし、

宅配パパ
● 頑固な汚れ
● 夏場汗をかきやすい時期の衣類

など、汚れが蓄積しやすい衣類はあまり向いていないかもしれません。

しかし、蛍光増白剤・漂白剤が配合されていませんので、

● Tシャツやワイシャツ

といった白さをキープしたい衣類を洗うには不向きかもしれません。

宅配ママ
蛍光増白剤は、洗うたび洗い流されていくため、元の白さの色がくすんで見えてきます。

また漂白剤も無配合なので、

宅配パパ
● 黄ばみや黒ずみを落とす
● 色柄物の色をはっきり出したい

といった衣類にもあまり向いていないと言えるでしょう。

これらの事から、

宅配ママ
● 軽い汚れなら対応している
● 白さを出したい場合には不向き

と言えるのではないでしょうか。

基本的に普段の汚れならすぐに洗濯すれば、しっかり落とせるような工夫がされています。

ただし、

宅配パパ
● 頑固な汚れ
● 時間のたった汚れ
● 白さを出したい衣類

には向いていないかもしれませんね。

まとめ

今回「赤ちゃん用洗濯洗剤さらさは大人の衣類にも使えるの?」についてご紹介しましたが、基本的に軽い汚れであればきちんと落とせる商品だと言えます。

宅配パパ
ただし、詰め込み洗いをしない事・洗剤の用法容量をしっかり守る事など、汚れを落としやすい環境で洗う事が、洗剤の力を効率よく発揮できますので、洗い方にも気を付けてみてはいかがでしょうか。
  7   3   14

コメント