スポンサーリンク

赤ちゃんから敏感肌の方も使用できる洗濯洗剤ランキング

総合ランキング
宅配ママ
宅配ママ

赤ちゃんがいるご家庭や、敏感肌の方にとって、肌に直接触れる衣類の洗剤はとても気になる要素の一つですよね?

そんな方にオススメの洗濯洗剤には

● どん洗剤があるのか?

● どんなポイントに気を付けなければならないのか?

宅配パパ
宅配パパ

そういった事を含めて、赤ちゃん・敏感肌の方にもおススメの洗濯洗剤をランキング形式でご紹介しましょう。

スポンサーリンク

界面活性剤について

宅配パパ
宅配パパ

まずは洗濯洗剤を選ぶうえで一番気になる「界面活性剤」についてご紹介しましょう。

界面活性剤とは?

宅配パパ
宅配パパ

水と油のように、本来混じり合わないものの間にある境界の性質に働きかけ、その性質を変える物質のこと。

つまり、衣類に付着した油汚れを衣類から

宅配ママ
宅配ママ

「浮かび上がらせる」「水になじませる」「洗い流す」と言った汚れに作用するために必要不可欠な物質です。

そんな界面活性剤の種類を、家庭用品品質表示法では

1.「石けん」

2.「石けんでないもの」(合成界面活性剤)

の2つに分けています。

1.石けん

性質:弱アルカリ性

見分け方:品名に「石けん」の文字が入っている製品(例:洗濯用せっけん)

宅配パパ
宅配パパ

※ただし「複合石けん」という記載がある場合、石鹸と合成洗剤の成分が配合されたものになるので注意が必要です。

大きく分けて

● 脂肪酸ナトリウム(ソーダ石けん)

● 脂肪酸カリウム(カリ石鹸)

の2種類があります。

また石けんは

宅配パパ
宅配パパ

動物や植物の油などの原材料に、強アルカリを混ぜ撹拌し熱反応を起こしたり、原材料を強アルカリで加熱する事で生成される

と、かなりシンプルです。

 

宅配ママ
宅配ママ

つまり油脂を強アルカリで加熱・撹拌する事で、化学反応を起こし、作られたものが石けんです。

牛脂・ヤシ油・オリーブ油・馬油などの原料
↓↓アルカリで煮る・熱反応を起こす↓↓
↓↓化学反応が起きる↓↓
それらが「石けん」となる

宅配パパ
宅配パパ

つまり石けんも化学物質であることに間違いありません。

2.合成洗剤(石けんでないもの)

性質:中性・弱アルカリ性

見分け方:品名に「石けん」の文字がないもの(例:洗濯用合成洗剤)

合成洗剤は、石油や植物油を原材料とし、化学的に合成されたものです。

合成界面活性剤を主成分とし、様々な添加物が配合されたもの。

石油・天然の油脂などを原料
↓↓化学合成↓↓

それらが合成洗剤となります。

宅配パパ
赤ちゃんや敏感肌の方にとって気になるのが、石油を原料としていると言う点ではないでしょうか?

しかし植物由来の油脂を原料としたとしても、化学合成された物質によっては

宅配パパ
● 人体や環境に悪影響を及ぼす物質
● 毒性が強い物質

になる場合もあると言う事を頭に入れておかなければなりません。

それぞれのメリット・デメリットは?

宅配ママ
ではそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

石けんのメリット

● 洗浄力が高い

● 環境・肌に優しい

宅配パパ
薄まる(水が多すぎる)と界面活性作用(洗浄力)を失うので、肌や環境に悪影響を及ぼす心配がありません。

石けんのデメリット

● 価格が割高

宅配ママ
純石けん成分の配合割合が高い程、洗浄力は高くなりますが、反面価格は割高になります。

● 使い方が難しい

宅配パパ
一定濃度を下回る(水に対し石けん量が少ない)と、界面活性作用が失われ汚れを落とせなくなるので、しっかり泡立てて使用しなければなりません。
宅配ママ
20度以下の冷水に溶けにくい
ミネラル分の多い水に弱い

これらが原因で石けんカスが出てしまい、それがカビやニオイの原因となってしまいます。

合成洗剤のメリット

● 低価格

● 使いやすい

no name
水にも溶けやすい上に、規定量を洗濯機に投入するだけで、安定した洗浄力を発揮します。

合成洗剤のデメリット

● 石けんに比べ洗浄力が劣る

● 環境・肌に影響を及ぼすものもある

宅配ママ
どんなに薄めて(川や海に流れ出て)も、界面活性剤としての働きはなくなりません。
宅配パパ
そのため残留性・浸透性・毒性のある種類の界面活性剤もあるので、肌や環境への影響が不安視されているのも事実です。

植物由来・天然系だから安心なの?

宅配ママ
また植物由来の界面活性剤」「天然系界面活性剤使用と言ったうたい文句で、商品を紹介しているものを目にします。

宅配パパ
一見すると、肌や環境に良く、赤ちゃんや敏感肌の方にもトラブルなく使えそうに思えますよね。

しかし先述したように、原料が何かは重要ではないのです!

宅配パパ
化学合成された物質がどんな性質の物質なのかが重要なのです!
宅配パパ
どんなに安全な植物・天然系の素材だとしても、化学合成されて人体や環境に影響のある物質になってしまえば、その言葉の「安心」としての意味はなくなるのです。

石けんも合成洗剤も化学物質に違いはありません。

ただし、石けんは何千年も前から使用されています。

宅配パパ
肌や環境への影響と言うのは、1日2日で結果の出るものではなく、何年も積み重なった結果、安全性が確立されていくのです。

つまり石けんは、数少ない安全性が確立された化学物質と言えます。

宅配パパ
ただし個人の肌の性質によっては、原料の油脂やアルカリにアレルギー反応を起こす場合もあるので、その影響には個人差がありますので、注意が必要です。

しかし合成洗剤の歴史は浅く、まだまだ人体や環境への影響がはっきり分かっていない物質も数多くあります。

宅配パパ
ただし、先述したように合成洗剤にもメリットはありますし、石けんにもデメリットはあります。

「石油だから危険」や「植物由来・天然系だから安全」

「合成洗剤は危険」「石けんは安全」

と言う判断をするのではなく、

● どんな性質をもつ物質が使用されているのか

宅配パパ
と言う点を頭に入れて、商品を選ぶことが、赤ちゃんや敏感肌の方には何より大切なのです。

添加物について

宅配ママ
次に意識して選ぶべきポイント、添加物についてです。

添加物とは?

香りを付けるための「香料」
衣類を白く見せるための「蛍光増白剤」
色を抜いてキレイにする「漂白剤」
品質保持のための「保存料」「酸化防止剤」
洗浄力アップのための「酵素」

宅配ママ
などなど、洗浄力を上げるために添加されるものや、見た目や香りづけのために添加される物質のことを総称してそう呼びます。

しかしその成分によっては、毒性のあるものだったり、肌に悪影響を及ぼす可能性のあるものもあるのです。

無添加と言う言葉に惑わされないで!

宅配ママ
また洗濯洗剤に「無添加」という言葉が記載されていて、「赤ちゃんにも使えます」などと謳っている商品がありますよね?

ここで注目してほしいのが「無添加」の定義

宅配パパ
無添加と言うと、一見何も配合されておらず肌に優しいイメージですが、ポイントは「無添加の定義自体、メーカーによって様々」だと言う事です。

つまり、純石けんのように

● 一切の添加物を入れていないものを「無添加」

と呼ぶメーカーもあれば、

● 数ある添加物のうち、一種類でも添加していないものを「無添加」

と呼ぶ場合もあるのです。

宅配パパ
つまり「無添加」と謳っていても、香料は無添加でも、防腐剤・蛍光増白剤は添加しているなどと言った事もあるので、「無添加」=「添加物が入っていない」というわけではない事を理解しておきましょう。

また分かりづらいのが

● 添加物の含有量が1%未満の場合、成分表に記載する義務がない

と言う事。

宅配ママ
そのため、成分表だけでは判断できない事もあると言う難点もあるのです。

添加物の種類

基本的に赤ちゃんや敏感肌の方には、添加物の一切入っていないものを選ぶことをオススメしますが、中でも気を付けるべき添加物がいくつかあります。

【蛍光増白剤】

蛍光増白剤を簡単に説明すると、「衣類を白く見せるための染料」の事です。

宅配ママ
動物実験やパッチテストなどでは、重大な悪影響を及ぼすという結果はなかったと報告されています。

しかし、蛍光増白剤はある種の「染料」ですので、衣類に残ってしまうという可能性があります。

宅配パパ
特に赤ちゃんの衣類には不必要な添加物ですので、できれば添加されていないものを選ぶことをオススメします。

【香料】

香料とは、「製品に香りを付けるための材料」の事です。

動植物から抽出された天然香料と、人工的に精製された人工香料があります。

宅配パパ
香りを感じるという事は、鼻から直接体内に成分を取り込んでいる事になります。

● 安全性の確認されていないもの
● アレルギー反応を起こす成分が配合されたもの

宅配パパ
こういった物が使用されていた場合、赤ちゃん・敏感肌の方だけでなく、誰にでもトラブルを起こす可能性があるのです。

【柔軟剤】

柔軟剤とは、「繊維に柔らかさを与え、静電気を防止するための仕上げ剤」の事です。

繊維をコーティングすることで、繊維同士の摩擦を防ぎ、繊維がふわふわになります。

宅配パパ
つまり衣類に成分を「残留」させる事で効果を得ているのです。

という事は、成分によっては

● 経皮毒の可能性
● 化学物質過敏症の発症

といった健康被害が起こる可能性があるのです。

宅配ママ
また柔軟剤の品質表示の義務がありません。つまり何が使用されているか詳しく知ることはできないのです。
宅配パパ
それに加え深刻なのが、香料が配合されていることも悪影響を起こす可能性を高めているので、できれば無添加・あるいは使用しない事をオススメします。

ランキングをつける際の基準について

● 肌へのダメージ
● 内容量の多さ
● 料金設定

このことを基準として洗濯洗剤ランキングをつけていきたいと思います。分析した結果を★3つを満点としてそれぞれ評価していきます。

今から購入しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

1位 All things in Nature(オールシングスインネイチャー)

★★★ 肌へのダメージ

子供も肌が弱い体質なので私と同様によく肌を掻くことが多くありましたが、使用してからは掻くことが少なくなりました。

★★★ 内容量の多さ

内容量として500ml入っています。使用容量として、水量30リットルに対して約5ml 500mlで洗濯100回分となっています。

★★★ 料金設定

宅配パパ
料金として、2.646円(税込)となっています。市販で販売している洗剤に比べて高くなりますが、赤ちゃんや子供さんには肌にいいのでおススメです。

103

>>オールシングスインネイチャーの公式サイトはこちらになります。

104

>>オールシングスインネイチャーの体験談はこちらになります。

2位 Dolci Bolle(ドルチボーレ ナチュラルウォッシュ)

18

★★★ 肌へのダメージ

肌のことを考えられて作られた商品になるため肌へのダメージは少なくなっています。

宅配パパ
洗濯洗剤や食器用洗剤としても使用できるため、赤ちゃんが使用する哺乳瓶やお皿などはこの洗剤を使用して洗うといいでしょう。

★★ 内容量の多さ

内容量の多さとして500mlとなります。

宅配パパ
使用料としてみると、水量30リットルに対して約9ml、500mlで洗濯55回分になります。

★★ 料金設定

料金が3.888円(税込)と少し高めになっていますが、こちらで2か月は使用できるため、1か月1.944円となります。

103

>>ドルチボーレナチュラルウォッシュの公式サイトはこちらになります。

104

>>ドルチボーレナチュラルウォッシュの公式サイトはこちらになります。

 7 3 14