スポンサーリンク

スーツはなぜドライクリーニングで洗うの?

スーツ

スーツをクリーニング点に出したときドライクリーニングと言われました。よくわからず「お願いします」と答えましたが、なぜドライクリーニング出ないといけないのでしょうか?

今回このことについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スーツはなぜドライクリーニングで洗うの?

そもそもスーツは水に洗ってはいけない衣類になります。そのため、水で洗ってしまうとスーツがちじんでしまったり、型崩れする恐れが出てきます。

そのため水を使わない方法としてドライクリーニングで洗わないといけないのです。

ドライクリーニングとは水洗いできない衣類を有機溶剤(ガソリン系、石油系の洗剤)で洗うことで型崩れすることなく汚れを落とします。

しかし、このドライクリーニングは汚れは綺麗に落ちるのですが、汗や臭いを落とすことができません。そのため、クリーニングに出したにも関わらず、臭いが取れていない場合もあるのです。

夏場などはウェットクリーニング(汗抜き)で洗う

52fb2cb50d7308a06cfcea7bab204c58_s

先ほど話した通り洗えない衣類はドライクリーニングで洗うと話しましたが、ドライクリーニングの場合は、汚れは落ちてもにおいや汗はとれません。

そうなると夏場など汗を掻く時期はどうすればいいのでしょうか?

夏場など汗を掻く時期は、ウェットクリーニング(汗抜き)という方法があります。この方法は水洗いできない衣類を水につけ洗うことで汗、汚れ、においを綺麗に落としてくれます。

ただドライクリーニングに比べて金額が少し高くなるので、夏場など汗を掻く時期などはこの方法がいいでしょう。

結婚式で軽く着た場合などはドライスーツでも構いません。そのときの状況に合わせて洗い方を変えるのが一番いいでしょう。

まとめ

このようにスーツはなぜドライクリーニングで洗う理由がわかったと思います。スーツに限らず水洗いできない衣類は基本ドライクリーニングになるので、覚えておくといいでしょう。

  7   3   14

コメント