スポンサーリンク

スーツをクリーニングに出したときの値段

スーツ

スーツをクリーニングするとき値段はいくらぐらいでしょうか?今回個人店とチェーン店の値段のちがいについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スーツをクリーニングに出したときの値段

個人店とチェーン店によって金額が違うため、はっきりは言えませんが、ほとんどの店舗がスーツを出したとき値段が700円~1.000円ほどでできます。

ただ個人店の場合は、チェーン店に比べて金額が高いため、できるだけ安くしたいのであればチェーン店がいいですし、大事な衣類などは個人店がいいでしょう。

個人店とチェーン店の違い

個人店の場合、金額が高いのには理由があります。まず個人店は職人の方が1人で作業をすることが多いため、機械があれば早いのですが、ない場合や、機会が古い場合など、アイロンがけから染み抜きなど1着1着丁寧に作業しないといけません。

そのため手間がかかってしまうことで値段が上がってしまいます。

ただ、個人店の場合、1つ1つ手間がかかるためとても丁寧な作業をしてくれるので大切な衣類などの時は個人店に出すほうがいいのかもしれません。

チェーン店の場合は、すべて機械でしているため、作業が早いです。ただ1着1着に掛ける作業が短く、一定のスピードで作業をするためシミがなこっている場合も多いです。

ただ、人件費や手間が少ない分値段は安いですが、クリーニングが終わるまでに3日~7日ほど時間がかかってしまうため、急いでいる方はあまりおすすめしません。

クリーニングの出し方

c93a0326c5743ad3f4e0ab8530dc441a_s

クリーニングに出すときスーツのような衣類の時は洗い方が2種類あり、1つはドライクリーニング、もう1つがウェットクリーニングに分かれます。

ドライクリーニングの場合、水洗いができない衣類を有機溶剤(ガソリン系、石油計の洗剤)で洗うことで、汚れは綺麗に落ちるのですが、汗やアカなどが落ちにくいためにおいが残る場合があります。

そのため、汗やにおいなどを落とすときはウェットクリーニングで落とすようにしましょう。

ウェットクリーニングは水洗いできないスーツなどを水につけ衣類がちじまないようにやさしく洗います。そのため汚れ、汗、アカ、においがしっかりとれ綺麗になります。

ただ、ドライクリーニングと違い、すこし細かい作業になるため値段も少し高めになりますが、夏場など汗を掻いた時期などはこちらの方法で出すほうがいいでしょう。

まとめ

このようにスーツをクリーニングに出したときの値段は個人店とチェーン店に出すかによって値段が変わってくるので、大切なスーツであれば個人店のほうがしっかり保管してくれるのでいいですし、安く済ませたいという方は個人店がいいでしょう。

またクリーニングに出すときドライクリーニングとウェットクリーニングによって値段も変わってきますので時期に合わせて出すといいでしょう。

 7 3 14

コメント