スポンサーリンク

宅配クリーニングや柔軟剤を使い花粉を避けよう

宅配クリーニング知識について

皆さんは花粉症の時期などつらくはありませんか?私は花粉症の時期はとてもつらく外に出るのも嫌になります。

しかし、洗濯した後、衣類を乾かすために外で干さないと乾かないためしょうがなく干していますが、このときどのようにすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

宅配クリーニングや柔軟剤を使い花粉を避けよう

宅配クリーニングがしている花粉ガード加工

花粉症の時期は多くの方が悩んでいます。また病院に行く方や、マスクをしている方をたくさん見かけます。

そこで少しでも予防しておきたい方は宅配クリーニングの花粉ガード加工がいいでしょう。この花粉ガード加工をすることで、帯電防止効果をあげ花粉が付きにくい状態にしてくれます。

またついたとしても玄関前で払うことにより、衣類についた花粉を落としてくれる役割もしています。

しかも、この花粉ガード加工をするだけで2ケ月ほどは効果があると言われており、実はこの時期にクリーニングを出す方が増えているのです。

この花粉は、よく皆さんが耳にするスギ花粉、黄砂、ブタクサ、ヒノキ、シラカバなどすべての花粉に効果があるため、この花粉に当てはまる方は1度してみるのもいいかもしれません。

柔軟剤を使用することで落ちやすくしよう

5

宅配クリーニングのほかにも自宅でできる方法として、柔軟剤を入れるといいでしょう。

柔軟剤にはにおいをつけるほかにも花粉などの汚れなどをつきにくくしてくれる効果があるため、使用する方が増えています。

部屋干しにする

この時期は外に衣類を干してしまうと花粉がついてしまうため、部屋干しする方が増えています。

そのため、部屋干しをすると生乾き、半乾きになりやすく、においが出てしまうことがありますが、柔軟剤を使いにおいを出さないようにしている方もいます。

31

洗剤においても、漂白剤入り洗剤を使用することで、においの原因となる菌を抑えることができるので、洗剤と柔軟剤を兼用して使用するとさらに効果が上がります。

1

粉洗剤の場合、汗や皮脂をしっかり落としてくれる洗浄力があるため、オールシーズン使用することができます。

また液体洗剤よりも粉洗剤のほうが汚れ、汗、皮脂をしっかり落としてくれるので、夏や梅雨時期は液体洗剤よりも粉洗剤を使用するようにしてください。

玄関先で衣類についた花粉を落とそう

外出した際、必ず衣類には汚れや、花粉などが付きます。家に花粉、汚れが入らないように粘着クリーナーや掃除機を使い払う方法もあります。

少し面倒ですが、効果はありますので、花粉がつらい方はこの方法をしてみるのもいいと思います。

まとめ

このように宅配クリーニングや柔軟剤を使い、花粉症を避ける方法についてご紹介してきましたが、工夫することで少しでも花粉を抑えることができますので、1度試してみるといいでしょう。

 7 3 14

コメント